「食べ過ぎ、飲みすぎ」のお盆の後の食事、どうしてる?

漢方&薬膳の教科書

 

実家に2泊3日で帰省し、楽しく過ごしたお盆休みも束の間。

 

IMG_7457

(小岩井農場で食べたジェラート♪美味しかったな♥)

 

今日からまたいつもの日常に戻ります。
お盆は本当によく飲み、食べました。

 

海鮮に焼肉、夜中のお菓子、ビールを沢山飲む飲む・・・
きっと、普段なら考えられない量や、食事の内容だった(;・∀・)

 

でも、以前に比べて自分の身体をお姫様扱いしてあげているので
こちらの記事参照⇒自分の身体、お姫様扱いしてあげてる?

たまのこういう楽しい集まりで好きなように飲んで食べるのが
楽しいと感じますし、この食事が毎日ではなく数日と決まっているので
思う存分はじけられるのだと思います😊

 

と、いうことで今日は調整するためにも量少なめで胃に負担をかけないものを。

 

IMG_7504

🌸ハトムギ入りのお粥

🌸トマトののり黒ゴマ和え

 

・・・なんか写真も質素(笑)

ハトムギは胃腸システムの働きを労わってくれるので
よくスープやお粥に入れます。
白いのでお粥だとよく分からないかもしれませんが・・・(/_;)
堅めなので下茹でをするか、少し長めに茹でてあげてくださいね。

 

トマトは、お酒などで胃に熱がたまっているので熱をクールダウンしようと思って。
胃に熱が籠ったままだとニキビが出来たり、食欲が増して過剰に食べたくなるなどの
症状が出てきてしまうので、トマトの力を借りたくて。

 

なので、飲みにいったりお家でお酒を飲むときはトマトおすすめです!
特にお酒飲むと食べたくなるんだよね!って人はぜひ食べてほしいなぁ😊

 

そして、黒ゴマとのりのWで黒いものを入れたのは
アンチエイジングの為^^黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、のりなどの黒い物は
女性に嬉しい味方なのです♪

 

 

お盆の流れのまま食事をしていたら身体の調子を崩すのは目に見えているので
こうやって、楽しく飲んだり食べたりしたあとはお粥やスープか、お粥とおかず一品。
くらいで胃に負担をかけないようにしています。

 

沢山食べた後は絶食する!って人もいるけれど、私は胃に負担のないものをいつもより少なめに
食べる派です。断食とかの良さも色々読んでいて分かるけれど、
一切食べないで過ごすというのは、食べるのが生活の中での楽しみな私にとっては
楽しみがなくなってしまうので挑戦してみよう!と今のところは思えません。

 

私に出来る範囲の調整を自分のペースでやっていこうと思います😊

 

皆さんはお盆明けで胃が痛いなぁ・・とかお腹くだしたりしてないですか?
そのままの状態が続くともっと身体が辛くなるので、

 

★食事の量を少なめにして、胃に負担がかからないものを。

★胃に負担がかかるお酒や刺激物、冷たい物、甘いものをお休みする。

 

など、労わる日を作ってみて欲しいです。

 

自分の体をごきげんでいられるようにできるのは自分だけですからね😊

 

🍀こちらも読んでね🍀

なんかだるい、なんか元気でない。身体が不調を訴えるときに一番不安に感じること

自分の心と身体に本気でごめんなさいをしたら新しい自分に出会えた

 

 

🌼ご相談、お問い合わせはお気軽にどうぞ🌼

メッセージはこちらへ♥

 IMG_3808

————————————————**————————————————–**

↓ランキングに参加しています😊
ぽちりとして頂けたら嬉しいです(*^^*)
にほんブログ村 料理ブログ 薬膳料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログへ

 

コメント