新着記事のお知らせ>>【New!!】2022.8.2│薬膳の上級資格に合格するために意識した❝戦略的勉強法❞とは。

オリンピック選手から学ぶ強さと優しさとかっこよさの秘密

薬膳とココロのこと

「そうですね。支えてくれた人に感謝したいですね」

「このメダルの裏側には沢山の人の支えがありますので
自分一人ではここまで来られなかったですね」



オリンピックでメダルをとった時
選手の方にインタビューをすると必ずと言っていいほど
こうゆう“感謝の言葉”が選手の口から自然と出てくるのに気づきました。

私はこの言葉を聞くたびに
「何で自分が頑張ったのに自分凄いんです!
みたいなアピールしないんだろう・・・?」
とずっと疑問だったんですよね。

でもわかりました。
「だからアスリートの方は強くて優しくてかっこいいのだ」
と。

IMG_16701

どんなに大変でも「私は大変なんだから。私頑張ってる」
と基準が自分にあると必ず態度に出ます。
そしてそれは循環します。
そうすると悲しいけれど人は離れていきます。
「何さ、一人だけ大変みたいに、こっちも大変なのに」
って。

でもアスリートの方たちは決して
自分が努力してる部分や、苦しい思いをしていても
「俺すごくない?私すごいでしょ?」
と自慢したりしませんよね。

自分で決めたことだから頑張ることは大前提にあって、
その上で
「自分が練習できる環境や、仲間や家族・ファンの方に
支えて貰っているから頑張れるんだな。」
とこれもごく自然に思っているんだと思います。

それを感じるからこそ周りも力になりたい!
と手をさしのべるし、応援したいと思う。

そしてその応援が、選手にエネルギーを与えてくれて、
「応援してくれてる人のためにも、もっと強くなりたい!」
とどんどん強くなるんだろうなって思ったんです。

頑張っているからこそ周りの人に
ありがとうの気持ちも湧くし、
周りの人もそのありがとうの言葉によって
温かいものをじわじわ感じで幸せになれる。

こうゆう素敵な循環大切にしたいなと思います。

この循環が自然に出来てくると、
心豊かに生きていくという私の中の幸せの定義に
近づけそうですよね。

たかが挨拶。
されど挨拶。

感謝の気持ち一つで人生が変わる!
と私は本気で思います。



そんな大切なことに気付けたオリンピック。
日本は世界に比べたら身体の作りで外国人選手より
ハンデはあるかもしれません。

でも!日本人の感謝の気持ちを忘れず謙虚でいる姿は
私はどの世界にも負けない素晴らしいものだと思います。
(それこそ金メダル!)

まだまだ私は自分で精いっぱいで、自分の大変さを超えて
周りの方へ感謝の気持ちを伝えることや、態度で示すことを
出来ていないなぁと感じましたので、
もっともっと周りに感謝をしていきたいと
オリンピックをみて感じました。

あなたは感謝の気持ち伝えてますか?
ちょっと照れくさいけれど、勇気を出して伝えてみると
その場の空気が温かいものに変わります。
ぜひ、感謝の気持ち伝えてみてくださいね。

これを読んでくださるあなたにも感謝です♪
ありがとうございます^^

IMG_3956

コメント

タイトルとURLをコピーしました